ロレアルの新卒入社者プログラム(ペピニエプログラム)は、未来のロレアルを牽引するようなリーダーを育成する特別なプログラムです。参加する方に合わせデザインした優れたトレーニング(研修)期間内容となり、それが更なるキャリア形成へとつながります。

毎年、650名近く新卒入社者がこのロレアルグループ内でのペピニエプログラムに参加しています。国々により異なりますが、大体6か月から1年半の期間に、いくつかの研修や課題を受け、ビジネスや専門分野の更なる理解や発見を広げます。一人ひとりのテイラーメイドなプランが、入社者の素晴らしいスタートアップへとつながります。このプログラムを通して、様々な職務やビジネスモデルを知る機会にもなり、社内での独自のネットワークを広げることにもなります。また、各事業本部をより良く知り、ロレアル全体の理解へとつながります。ある意味、美に携わるリーディング企業グループとしての理解や発見につながります。

 
日本でも、入社者は最初の数か月から1年ほど、メンターを任命してもらい、良きアドバイザーとして質問に答えてもらったり、助言してもらうことが可能です。入社者の強みや成長課題により、ロレアルでは技術的・職務的な資質を高めるだけなく、入社者自身の資質・ライフスキルがより高まるような機会を提供しています。