ロレアルグループ、「World’s Most Ethical Companies 2016 (世界で最も倫理的な企業)」に2016年も選出される

ロレアルグループは、企業理や企業の社会的責任を専門とする米国のシンクタンク「Ethisphere Institute (エシスフィア・インスティチュート)」が3月7日に発表した「2016 World's Most Etchical Company(世界で最も倫理的な企業)」に選出されました。ロレアルグループの選出は、7回目となります。

会長 兼 CEOのジャン-ポール・アゴンは次のように述べています。「世界で最も倫理的な企業に選出され、とても光栄です。ロレアルの全社員にとって、とても誇らしいことです。この10年間、企業として、倫理的に行動するようにしてきました。今後の10年間では、倫理的であることが”よい”ではなく、社内における”必須要件”になるでしょう。この分野におけるリーダー企業にとって、倫理的であることが、企業として優位性を発揮していくことでしょう。」

 

「2016 World's Most Etchical Company(世界で最も倫理的な企業)」について
米港のシンクタンク「Ethispere Institute (エシスフィア・インスティチュート)」が以下を基準に世界で最も倫理的な企業を選出、表彰している。

1.企業倫理および法令順守の取り組み(35%)
2.企業市民としての責任ある行動(20%)
3.倫理的企業風土(20%)
4.コーポレートガバナンス(15%)
5.トップ層のリーダーシップ、イノベーション、社会からの評価(10%)

※このニュースは、3月7日にロレアル本社が発表したプレスリリースの一部を抜粋、翻訳したものです