世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:クラウス・ファスベンダー)は、2015年7月18日付で代表取締役社長の異動を行い、新代表取締役社長にジェローム・ブリュアが就任します。

現社長のクラウス・ファスベンダーは、2010年3月、日本ロレアルの5代目社長に就任しました。以来、既存のブランドの更なる成長と新たなブランドの投入により事業の拡大を図り、女性リーダーの登用をはじめとする多様な人材育成、東北復興や女性科学者の支援などの社会貢献活動に積極的に取り組み、日本ロレアルの発展において経営手腕を発揮しました。

新 代表取締役社長となるジェローム・ブリュアは、フランス、ベルギー、ドイツ、日本、米国など5ヵ国においてマーケティングや現地法人社長として多様なビジネス経験を培ってきました。2008年から2010年まで日本のコンシューマー プロダクツ事業本部副社長 兼 事業本部長の任務に就き、「メイベリン ニューヨーク」や    「ロレアル パリ」のヘアケア事業を成功裏に発展させ、多大な功績が高く評価されました。また、ロレアル ドイツ社長として国内no.1の化粧品会社への成長を成し遂げたほか、メイベリン ニューヨーク国際事業本部(米国)のグローバルブランドプレジデントとして米国における市場シェアを拡大し、世界最大のメイクアップブランドの  確立に貢献するなど、多くの実績を残しています。

2回目の着任となる日本では、国際的に培ってきたビジネス経験のもと、現社長が築いてきたブランド戦略やブランドイメージの更なる発展を目指すとともに、日本を主要なイノベーション拠点の一つとしてその強みを打ち出し、社会貢献活動や人材育成に注力してまいります。

なお、現社長のクラウス・ファスベンダーは、欧州にてロレアルグループ内の重要任務に就任します。