1/ロレアルの協力団体

EDGE

EDGE(Economic Dividends for Gender Equality ジェンダー平等の経済的配当)は、世界をリードするジェンダー平等のための評価方法や企業認証基準を開発しました。EDGEの認証プロセスは、男性と女性のための最適な職場造りを支援し、企業がジェンダー平等の利益に最大限に与るのを手助けできるよう考案されています。EDGEの評価方法は、同一業務同一賃金、採用と昇進、リーダーシップ開発トレーニングと指導、フレキシブルな勤務時間、社風の主要5分野を対象にしています。

ロレアルとの協力関係
ロレアルは、2014年にインド、ブラジル、米国、ロシア、その他の国の子会社でEDGEの認証プロセスを実施しました。EDGEは2017年、オーストラリア、ブラジル、カナダ、インド、ロシアでロレアル子会社に対する認証を更新しました。

 

GEEIS

GEEIS(Gender Equality European and International Standard ジェンダー平等欧州&国際基準)は、欧州の企業グループやその他の国の企業グループが定めたベンチマークです。このベンチマークの目的は、ジェンダー平等を推進、管理、奨励するための最も効果的な方法を認定して、広めることです。GEEISラベルは、ジェンダー平等目標の達成を目指し、それを人事戦略の柱にした企業のほか、独立機関にジェンダー平等方針を登録し、確認を受けた企業などに与えられます。GEEISラベルは、2010年に欧州で開始され、2016年に全世界に展開されました。

ロレアルとの協力関係
ロレアルは、GEEIS監査実施機関「Arborus Fund」の創設メンバーです。ロレアルにとっての目的は、ロレアルグループの人事方針に準拠した方法で男女平等を確立することです。現在、ロレアル子会社23社とロレアル本社がGEEISの認証を受けています。

 

EQUILEAP

Equileapは、投資、助成金、知識の活用を通じて職場でのジェンダー平等を推進するために設立されました。EQUILEAPのグローバルジェンダー平等ランキングは、23ヶ国の、時価総額20億米ドル以上のグローバル企業3,048社を対象にしています。前例のないこのランキングは、ジェンダー平等に貢献しながら収益を上げられるよう、ジェンダーバランスの分野で世界をリードする企業を投資家が見つける手助けをします。ランキングは、報酬、リーダーシップ機会、ワークライフバランス、育児有給休暇を含む19の評価項目に基づいて決定されます。

ロレアルとの協力関係
Equileapは、2017年のジェンダー平等ランキングでロレアルを首位に選びました。

 

ILO(国際労働機関)

1919年に設立されたILOは、187カ国の国連加盟国の政府、雇用主、労働者代表から構成される、現在では国連唯一の三者構成機関です。ILOは三者間の対話を促し、労働基準を定めるとともに、すべての女性、男性のための適正な雇用・労働条件を普及させるための方針やプログラムを開発しています。

ロレアルとの協力関係
2010年からILOの活動メンバーであるロレアルは、2015年に「国際企業と障害者ネットワーク憲章」(Global Business and Disability Network Charter)に最初に署名した企業のひとつです。多国籍企業、各国の雇用者団体、事業者団体、障害者団体(DPO)から構成されるこのグローバルネットワークとロレアルは協力して、職場での障害者の受け入れ促進のために活動しています。

 

ENAR

ENARは、欧州全体で人種の平等を唱導し、人種差別反対を唱える団体間の協力を促進する全欧州ネットワークです。欧州ではこの種の唯一の組織であるENARは、EU加盟国で人種平等のための決定的措置を講じるよう欧州議会議員にロビー活動を展開した草の根活動家たちの協調的活動によって1998年に設置されました。

ロレアルとの協力関係
ロレアルは、職場での人種的、文化的多様性を拡大するためのベストプラクティスを探究するためのイベントや会議に協力することによって、ENARを支援しています

 

DISABILITY HUB EUROPE

「持続可能な成長と社会革新のための ディスアビリティ ハブ ヨーロッパ」は、スペインの「Fundación ONCE」が率いる新しいイニシアチブとして、「欧州社会基金」(EU Social Fund)から資金援助を受けています。このプロジェクトは国際的な影響を及ぼすもので、2017年から2020年にかけて国際的な活動を展開する予定です。

ロレアルとの協力関係
ロレアルは「ディスアビリティ ハブ ヨーロッパ」の創設パートナーです。同組織には、障害と持続性の分野でベンチマークとみなされている国際企業が加入しています。

 

EVE

EVEは、Danone(ダノン)によって設立された女性のエンパワーメントに関するセミナーです。このセミナーは、人に勇気やモチベーションを与えるリーダーシップスキルを教えることによって、企業の中で女性が変革を推進できるように考案されています。

ロレアルとの協力関係
ロレアルは2010年以来、EVEセミナーの重要な参加者となっています。アジアにもEVEの支部が設置されており、2017年12月にはアフリカ支部が立ち上げられます。 

 

女性のエンパワーメント原則(Women's Empowerment Principles

女性のエンパワーメント原則は、「UNウイメン」(UN Women)と「国連グローバル コンパクト」(United Nations Global Compact)が共同で設定した、職場、市場、地域社会で女性をエンパワーするためのガイドラインを企業に示すためのものです。

ロレアルとの協力関係
2014年にロレアルグループのCEO Jean Paul Agon(ジャン ポール アゴン)が、女性のエンパワーメント原則に署名をし、人権、多様性、社会的責任、特に機会均等を堅持することを約束しました。

 

2/ロレアルが支援する組織やコミュニティ

ロレアルは、多様で社会包摂的な環境を育んでいる組織を世界各地で支援しています。恵まれない状況に置かれた女性のための教育プログラムの主催から、少数民族を支援する団体への資金援助まで、ロレアルは、責任ある企業市民としての義務を果たすことができるよう、支援先を選択しています。

ロレアルはまた、地域社会、特に女性の経済発展を支援することによって、地域社会をサポートしています。ロレアルは、持続的繁栄を促すことができるよう、公正な賃金の支払を約束した協同組合や農場(フェアトレードなど)によって生産された原料を調達するようにしています。

人々を支援する主要組織
ロレアルは、全世界に事業を展開する企業グループとして、社会的包摂と平等に取り組む組織や機関に参加し、可能な場合にはそこでリーダー的役割を果たす義務があると考えています。


ロレアルのその他のブランドの活動

Kiehl's(キールズ) は、全世界で自閉症支援活動を展開する「Autism Speaks」を支援しています。

Garnier(ガルニエ)は、UNICEFを支援して、 緊急状況におかれた子供たちを救援しています。

Urban Decay(アーバン ディケイ)は、「Swiss Federation of Deaf People」(スイスろう連盟)をサポートしています。具体的には、ロレアル スイスと提携してろうあ者が美容部員として店内で働けるようにするためのトレーニングを行っています。

Maybelline(メイベリン)は「Lift up Your Eyes」活動のために手話指導を行って、ベネズエラの聴覚障害者の権利を守るための団体「Consorven」を支援しています。

ロレアル子会社の活動

ロレアルUSA は、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の従業員のための職場方針と慣行を広めることによって、非営利組織ヒューマン ライツ キャンペーン(HRC)を支援しています。HRCは、企業平等指標(Corporate Equality Index)でロレアルに最高得点の100%を与え、LGBTに平等な最優良企業(Best Places to Work for LGBT Equality)としてロレアルを選びました。

ロレアル メキシコは、より多くの障害者を従業員に迎えることによって「Juntos」を支援しています。

ロレアル ブラジルは、恵まれない環境におかれた学生たちが企業の世界を学べるようにするためのメンタープログラム「Inspirando Sonhos」を実施することによって、「Dream Learn Work(ドリーム ラーン ワーク)」を支援しています。

ロレアル ポルトガルは、障害のある従業員のためのより社会包摂的な環境作りを手助けすることによって、「Salvador Association」を支援しています。

ロレアル フランスは、ロレアル本社での定期ワークショップやセミナー開催を通じて、障害を持つ若者が学業を終えたのち職業生活に円滑に移行できるよう手助けすることによって、ARPEJHを支援しています

ロレアル ケニアは、「ケニア アルビノ協会(ASK)」(Albinism Association of Kenya)をサポートし、経済的、社会的支援を行っています。
ロレアル 東アフリカは、高校生と大学生のグループを指導しています。 

ロレアル ロシアは、障害者の自立とクオリティ・オブ・ライフの向上を促すことによって「Perspektiva」を支援しています。

ロレアル チリは、ワークショップやミーティングを通して多様な人材の募集を拡大することによって「Prohumana」を支援しています。