2011年度 第6回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」物質・生命科学分野 受賞者4名

2011年度 第6回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」物質・生命科学分野 受賞者4名
特別賞は、科学の楽しさを伝える東北大学「サイエンス・エンジェル」に決定
 

世界最大の化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)の日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:クラウス・ファスベンダー)は、『世界は科学を必要とし、科学は女性を必要としている』をキーメッセージに掲げ、2011年度 第6回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の受賞者を、物質科学分野から2名、生命科学分野から2名決定し、本日7月12日、六本木ヒルズで発表および授賞式を行いました。

「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」は、日本の若手女性科学者が、国内の教育・研究機関で研究活動を継続できるよう奨励することを目的として、2005年11月、日本ロレアルが日本ユネスコ国内委員会との協力のもと創設しました。物質科学、生命科学の分野で、博士課程(後期課程)に在籍または、博士後期課程に進学予定の女性科学者を対象としており、受賞者は、研究を継続するために、奨学金100万円を自由に充てることができます。2011年までに24名の女性科学者が受賞しています。

「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞―特別賞」は、次世代の女性研究者の育成と支援を目的とした 「サイエンス・エンジェル」を推進する東北大学が受賞しました。同制度は、2006年に創設され、東北大学大学院で自然科学分野を専攻する女子大学院生が“サイエンス・エンジェル”として身近なロールモデルとなり、科学の魅力や研究の面白さを次世代に伝えていきます。オープンキャンパスでのイベント、全国の小中高校への出張セミナー、体験型科学イベントの企画・運営など、多岐にわたる啓発活動を行なっており、現在までに延べ約230名のサイエンス・エンジェルが参加しています。また、東日本大震災で被災の影響を受けながら、継続して活動を推進 しており、これらの功績が評価されました。

日本ロレアルは長期的視野に立って、より多くの若い女性科学者が研究を継続できるよう支援するとともに、若い世代に科学の楽しさやキャリアとしての無限の可能性を伝え、主要な社会貢献活動として積極的に推し進めていきます。

受賞者は、以下の通りです。 

【特別賞】
 

東北大学 杜の都女性研究者ハードリング支援事業 「サイエンス・エンジェル」
活動概要:2006年創設。東北大学大学院自然科学系の10の研究科に所属する現役の女子大学院生で構成され、次世代の女性研究者の育成と同時に、次世代を担う小中高校生に科学の魅力を伝えることを目的とした活動
担当部門:東北大学 女性研究者育成支援推進室 杜の都女性研究者ハードリング支援事業次世代支援班
活動実績:サイエンス・エンジェル延べ約230名が参加 (2011年)
(2010年まで) 全国の女子高校生を対象にした東北大学オープンキャンパスでのイベント開催
  小中高校への出張セミナー(全国各地 延べ43校)
  体験型科学イベントの企画・運営 (延べ22回)

2011年度 第6回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 受賞者略歴
【物質科学】


植田 桐加(ウエダ・キリカ) (25歳)  名古屋大学大学院 理学研究科 物質理学専攻(化学系) 伊丹研究室
出身地: 愛知県一宮市
研究分野: 有機化学
研究内容:  新触媒を用いた芳香環連結反応の開発と薬理活性物質や機能性有機材料の応用
社会との接点: 医薬品や有機エレクトロニクス材料をより効率的につくる
受賞の感想: 自分が受賞したとは、今でも信じられません。この賞は、支えて下さった研究室の皆さんとともに受賞出来た賞だと考えています。女性科学者として名誉なことであり、さらに邁進しようと思うきっかけにもなりました。


竹原 由佳(タケハラ・ユカ) (26歳)  お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科理学専攻 物理科学コース 奥村研究室
出身地: 長野県木曽郡上松町
研究分野:  粉粒体物理、ソフトマター物理、非平衡統計力学
研究内容:  粉粒体における高速引きずり抵抗
社会との接点: 産業や災害対策において重要となる“粉粒体力学”の基礎理論構築に貢献
受賞の感想: 普段学生として過ごしているので、科学者としてはまだ自覚がなく、この素晴らしい賞をいただけて驚いています。研究者という仕事の素晴らしさと、その大変さが分かり 始めたタイミングでしたので、この受賞は、応援して頂いているようで本当に嬉しいです。

【生命科学】


水沼 未雅(ミズヌマ・ミカ) (25歳)  東京大学大学院 薬学系研究科 薬品作用学教室
出身地: 兵庫県宝塚市
研究分野: 神経薬理学
研究内容: 多ニューロンカルシウム画像法を用いて脳を新たな視点から解釈する
社会との接点: 新薬開発、神経疾患医療の発展に貢献
受賞の感想: 研究を進める上で非常に大きな励みになると同時にとても身が引き締まります。指導をして下さった先生方をはじめ、研究室の先輩方や同期、プロジェクトに大きく貢献してくれた後輩達と、温かく見守ってくれる家族の支援のお陰です。多くの方々に感謝するとともに、自分がいかに恵まれた環境で研究ができているかを痛感しています。


森田 真規子(モリタ・マキコ) (26歳)  広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 細胞生物学研究室
出身地: 香川県高松市
研究分野: 細胞生物学、分子生物学、生化学
研究内容: HeLa細胞内における微小管結合タンパク質ダイナミン2の機能解析
社会との接点: 新規抗がん剤の開発に貢献
受賞の感想: 自分の研究内容を面白いと思って頂けて本当に嬉しく思っています。今回の結果を 受け、心に響くようなアプローチができた事に喜びを感じています。また、諸先生方をはじめ、多くの方々からの支援によって、本賞を受賞できたと思っています。ここに感謝の意を表するとともに、今後の更なる活躍の礎としていきたいと思います。