2013年10月23日、2020年に向けて、新たに持続的発展のコミットメント、“Sharing Beauty With All”を発表しました。

ビジョン

私たちは、美を社会の持続的発展のために活かし、すべての人々に美をお届けします。
環境や生物多様性を保護する美、地域社会や社員一人ひとりを支援する美、そしてロレアルに多大なる信用を寄せてくださる方々に持続可能で魅力的な製品をお届けする美など、美は多様な価値を創出します。

 

コミットメント

革新における持続的発展 
2020年までに、全ての製品が環境に優しく、社会的に有益であるようにします。私たちは、以下の基準のうち、少なくとも一つを満たし、環境や社会的に有益であるように常に製品を改良しています。

  •  環境に優しい新しい処方
  • 環境に優しい化学から生成された原料や持続的に供給される再生可能な原料を使った新しい処方
  • 環境に優しい新しいパッケージの改良
  • 社会的にポジティブな影響を与える新しい製品

 

生産における持続的発展 
2020年までに、新たに10億人のお客様に美を届け、環境に与える負荷を60%削減します。

  • 2005年を基準として、工場および流通センターにおける二酸化炭素排出量を60%削減
  • 2005年を基準として、製品単位で、水の消費を60%削減
  • 2005年を基準として、製品単位で、廃棄物を60%削減
  • 廃棄物をゼロにする
  •  2011年を基準として、製品単位における製品の輸送による二酸化炭素の排出を20%削減

 

持続可能な暮らし
2020年までに、美の世界を強化することで、ロレアルの一人一人のお客様が持続可能な消費の選択をできるようにします。

  • 製品評価をすることで、全ての新製品における環境や社会的側面を評価。また、全てのブランドは、この情報を開示し、お客様が持続可能なライフスタイルの選択ができるようにする
  • 全てのロレアルブランドは、環境や社会におけるインパクトがどこにあるのかを評価し、改善することを誓い、その過程を発表する。また、持続可能なライフスタイルの選択における認知を上げるようにする
  • お客様は、ロレアルの持続可能な活動に対して、サステナビリティパネルを通じて、影響を与えることができる

 

社員およびパートナーにおける持続的発展
社員>

2020年までに、世界中のロレアル社員が医療、社会的保護、トレーニングを受けられるようにします。

  • 各社員がベースとしている国の最良のケースと同等の健康保険を全社員に供給
  • 予期せず、社員が就労不能などの障害などを負った場合には、経済的な援助を実施
  • 世界中のロレアル社員に少なくとも一年に一回は研修をうける機会を提供

 

サプライヤー>
2020年までに、戦略的に提携する全てのサプライヤーは、ロレアルの持続的発展プログラムに沿わなければなりません。

  • 戦略的に提携する全てのサプライヤーは、社会かつ環境における実績で評価され、選ばれる
  • 戦略的に提携する全てのサプライヤーは、ロレアルの指導のもと、サステイナビリティポリシーの自己診断を実施する
  • 戦略的に提携する全てのサプライヤーは、サステイナビリティポリシーをよりよくするために、ロレアルのトレーニングツールにアクセスすることができる
  • 戦略的に提携するサプライヤーの2割は、ロレアルのソリダリティソーシングプログラムと提携している

 

コミュニティ>
2020年までに、 社会的に恵まれないコミュニティの10万人以上の人々、あるいは同等の世界中の労働力に対して、働く機会を提供します。

  • 以下の分野におけるプログラムを通じて、ゴールを達成する。
  • ソリダリティーソーシング(包括的で適切な購買および世界における包括的な配送モデルを推進)
  • 包括的な流通
  • 美の分野での就労
  • メンタリングとコミュニティの教育
  • 障害を持った方や弱い立場にある少数民族の雇用 

Sharing Beauty With Allの進捗はこちらをご覧ください。